鄙乃里

地域から見た日本古代史

霊の洞窟・曲水の石庭 秋芳洞と漢陽寺

 秋芳洞 

 秋芳洞は、山口県美祢市(みねし)の秋吉台南麓にある有名な鍾乳洞。

 入り口の高さは24m、幅は8m、全長10kmあり、内部は石灰華の段丘や黄金柱など変化に富んで神秘、まさに霊の洞窟といった感じです。

 ちょっと意外だったのは、秋芳洞命名者が昭和天皇だということ。大正15年の皇太子時代に秋芳洞を探勝されたことがあるそうですね。




 鍾乳洞入り口

 写真のように修学旅行生もいっぱい来ていました。

 通路の横は谷川で、洞窟から流出した地下水が川になって下っています。 

 全長10kmのうち、一般に開放されている(観光コース)のは1kmだけとのことですが、内部には照明も通路も完備されていて十分見応えがあります。

 

 秋芳洞は行かれた方も多いと思いますが、まず洞窟に入った一歩からが驚きです

 入り口をくぐると、洞内は冷たい地下水が外に流れ出す大きな川があって、広大な空間が開けています。洞口との境は水流が渦を巻く竜が淵というところです。

 秋芳洞の沿革は南北朝時代に干ばつに苦しむ民を救おうと、ひとりの僧が洞内に籠もって降雨祈願したのが始まりだそうです。ところがその僧は、祈りが雨を呼んで大願成就を果たすと、報恩のため、その渦巻く竜が淵に身を投じた…というのだから、度肝を抜かれます。秋芳洞にほど近い寺の寿円禅師という聖(ひじり)で、ほんとうの話だそうです。

 説明のため、当時のイラストの絵はがきを1枚お借りしました。

 


 竜が淵    え・大庭龍偲 (複製禁止)

 その洞口を入った川の反対側上方の薄暗がりには六地蔵といって、お地蔵さんの姿をした岩があります。六地蔵尊は人間が六道輪廻(ろくどうりんね)をさまよう間、道を外さないように護ってくれているのです。そこから通路を先に進んでいくと、広い段丘に湧出する地下水が扇状に流れて無数の棚田のような形状をなしている百枚皿というものがあり、世界的にたいへん珍しい造形だそうです。

 


 百枚皿   当時の絵はがきから)        (複製禁止)

 

 そこからまた進むと(順不同ながら)真っ直ぐに立ち上がった黄金柱や、ゴジラの頭のような黒い岩塊。のっぺりした岩壁から突き出した巨人のげんこつ。地下水が消えたあとの石灰分だけが溶岩のように流れ出している空滝。岩天井からいくつも下垂した鍾乳石のつららや、サグラダ・ファミリアさながらの壮麗な岩の建造物などが次々と現れます。

 通路の途中に、ときどき狭い場所があったりして通れるのかと心配したりもしますが、そこを通過するとまた広い空間に出るとか、変化に富んでいて飽きません。洞内の照明に照らされた岩肌の色彩も千変万化で、比較的明るい場所もあれば、蝋燭で照らされた窪みのような暗い場所もあります。

 撮影した写真が手許にないので、洞窟内は撮影禁止だったような気がします。そうでなくてもASA100のフィルムカメラではうまく写らないでしょう。観光用の絵はがきは照明を当てているのだと思います。

 そうこうしているうち、時間がどれぐらいかかったものか…、一番奥まで行くと真っ直ぐなトンネルがあって、その向こうに椅子を並べた部屋がありエレベーターの入り口が見えました。それに乗ると秋吉台に出ます。

 

 秋吉台

 秋芳洞の奥から80mをエレベーターで上がると、一転して秋吉台の明るいカルスト台地に出ました。そこは日本最大のカルスト高原で、広大な台地には多くのドリーネが見られます。

 しかし高原に上がってもまだ、鍾乳洞内の暗黒の奇岩の影像や、そこに住む霊たちのさんざめく声が脳裏にこびりついたままで、しばらくはカルストの写真を撮るのを忘れていました。

 


 一枚だけ撮った秋吉台の写真  国民宿舎かな?

 秋吉台は標高200~400mのなだらかな高原で、総面積は130k㎡といわれ、昭和30年(1955)にはすでに国定公園に指定されて切手にもなっています。

 この秋吉台も春先には枯れ草の野焼きをしますので、生き物たちは大変で、山焼きには反対だという意見も聞いたことがあります。しかし、野焼きしたほうがカルスト台地の環境維持はもちろんのこと、生態系にとってもかえっていいのではないかとの考え方もあり、そのほうが管理に都合がいいのか、山焼きは現在も続けられているようです。

 

 秋吉台カルスト台地 当時の絵はがきから      (複製禁止)

 

 秋吉台は舗装されたドライブウェイが通っていて、秋にも高原の花々が楽しめるところです。



 漢陽寺(かんようじ)

 鹿野の漢陽寺へ行ったのは、それから7年ぐらい後だったと思います。

 漢陽寺山口県周南市鹿野(かの)にある臨済宗の寺で、鹿苑山漢陽寺と号し、南禅寺別格地の名刹(めいさつ)です。

 


 漢陽寺山門

 開創は長崎の諫早出身で帰朝僧の用堂明機(めいき)禅師大内氏の建立で、代々の祈願所だったといわれます。創建は山口市瑠璃光寺五重塔を造った大内盛見公とのこと。




 漢陽寺 曲水の庭園

 禅寺らしく、枯山水を取り入れた石庭がいくつかあります。
 しかし、石や砂だけでなく、池を残したものもあり、写真の石庭には曲水が流れていたように思いました。

 これらの庭は昭和を代表する庭園研究家・作庭家の重森三玲(しげもりみれい)が造ったもので、時代的にはまだ新しいものです。

 禅体験とともに、曲水の石庭精進料理を楽しみに訪れる観光客も多く、観光面でも県内では著名な禅寺です。

 訪れた頃は、まだ周南市ではなくて、都濃郡(つのぐん)鹿野町でしたね。





大内文化が花開く西の京都 山口市

 山口市について

 山口市山口県のほぼ中央に位置する県都で,昔は周防国吉敷郡(よしきぐん)に属していました。

 三面を山に囲まれ椹野川(ふしのがわ)が貫流する内陸の盆地になぜ県都が…?との疑問も湧くわけですが、南北朝のころの周防は大内氏の所領で、大内氏が居館を構えた土地だったのです。

 その大内氏が山口で京を模した町造りを行ったため、京からも文人が多く移り住んで大内文化が栄えたことから、山口は「西の京都」とも呼ばれています。

 


 山口市街図

 大内氏滅亡後は安芸の毛利氏が支配しましたが、江戸時代の毛利氏は萩に居城を築いたため、一時期は山口も寂れたようです。それでも文久3年(1863)に毛利敬親(もうりたかちか)が藩の政庁を山口に移し、明治時代に県庁が置かれてからは、山陰地方への通過点でもあるため、再びにぎわいを取り戻したようです。

 ただ、最近は山陽道の各市もけっこう発展しているので、何となく取り残されたイメージがないわけでもありません。山口市も南隣の小郡町などを再併合することで、新幹線の新山口駅も出来て市域を広げています。それでも人口は下関市についで二番目で、どちらかといえば経済発展よりも、やはり昔ながらの教育・文化の町といったほうがふさわしいのかもしれません


 山口市文化遺産


 瑠璃光寺境内

 山口市にはこれまで幾度となく行っているのですが、たいていが用件だったからか、訪れたわりに観光写真といえるものは1枚も撮っていませんでした。

 でも、幸い絵はがきだけは律儀に購入しているようなので、当時の古い絵はがきから簡単に紹介させていただきます。

 掲載しているケースの写真は瑠璃光寺(るりこうじ)です。山口市では有名な曹洞宗の寺で、境内の五重塔は国宝になります。

 室町時代応永の乱足利義満と対立して敗死した大内義弘の菩提を弔うため、弟の11代当主・盛見(もりあきら)が建立したもので、嘉吉(かきつ)2年(1442)に完成。室町時代の貴重な建造物として国宝に指定されています。

 この五重塔は本来は香積寺(こうしゃくじ)のものだったのですが、毛利氏が香積寺を萩に移したため、五重塔はそのままに、瑠璃光寺が入ったそうです。

 さすがに、これは国宝なので見に行きました。

 


 常栄寺と雪舟庭             複製禁止

 11代の大内政弘が京都の金閣寺に模した別邸を造り、当時山口に住んでいた雪舟に築庭させたと伝えられています。山口県には、ほかにも雪舟作と伝えられる石庭があります。

 本堂から鑑賞できますが、常栄寺(じょうえいじ)に行った日は雪していたので、庭を歩いてみました。

 


 ザビエル記念碑             複製禁止

 正しくは「ザビエル遺跡大道寺碑」と称してザビエル記念公園にあります。

 大内義隆が、1551年に再度、山口を訪れたフランシスコ・ザビエルに布教の拠点として与えた大道寺が、この地だといわれています。

 ここには行っていません。

 


 ありし日のザビエル記念聖堂         山口市街図 名所案内より 

 亀山(かめやま、300m)の中腹にあります。
 聖ザビエル来朝400年を記念して、昭和25年に建てられたカトリックの教会堂。当時、世界各国からの浄財で建てられたといわれます。

 しかし残念なことに、平成3年9月5日にこの聖堂は焼失したそうで、現在は近代的な建物に変わっています。

 
 中原中也の実家

 湯田温泉へ行ったときに詩人・中原中也の実家を訪ねたことがあります。
 中也の弟で四男の思郎さんと母親のフクさんがご健在で、快く歓待していただきました。ちょうど思郎さんが『兄中原中也と祖先たち』を上梓されたころで、中也に関する質問などはしなかったですが、話を伺ったり、いっしょに写真を撮っていただきました。中原病院の跡は現在中原中也記念館」になっています。


 高田公園

 そこから歩いて5分ぐらいのところにある高田公園(2012年3月に井上公園と改名された)にも立ち寄ってみました。

 明治の元勲のひとり井上馨(いのうえかおる)の生地で、文久3年(1863)に都落ちした三条実美ら七卿が住んでいたため、その七卿旧跡碑や、種田山頭火の句碑、それに中也の「帰郷」の詩碑もあります。

 
 山頭火の句碑は

 ほろほろ酔うてこの葉ふる

 山頭火湯田温泉風来居(ふうらいきょ)に一時期住んで、山口の文学仲間と交流したからでしょう。その前は小郡の呉中庵(ごちゅうあん)にもいました。自由律の俳句を詠み各地を放浪して松山市一草庵(いっそうあん)で生涯を終えますが、もともとが防府出身の俳人です。

 
 中原中也の詩碑は、撰文が大岡昇平、詩文を小林秀雄が書いたもので、『山羊の歌』の中の「帰郷」の一部を抜粋しています。

 これが私の古里だ 
 さやかに風も吹いてゐる
 
 あゝおまへは何をして
       来たのだと
 吹き来る風が私にいふ
 
 と、詩碑にはあります。

 原詩はもっと長いのですが、山口市の詩碑なので「帰郷」のタイトルにふさわしい詩句のみを抜粋しているのでしょう。

 公園では碑文の拓本を取っている人も見かけました。紙を貼り付けてゴシゴシ擦っています。熱心な研究者や愛好者は、どこにもいるものですね。でも,オタクではないでしょう。そんな言葉は存在しなかったですから。


 絵画展に行ったことも

 世界的な名画・名品の移動展は東京、名古屋、大阪、京都、広島、福岡あたりで開催されることが多く、他の地方都市では珍しいのですが、山口市でもたまにはありました。ちょうどそのころ西洋の印象派の絵画を一堂に集結した移動展がやって来るというので、チケットを手に入れ、楽しみに汽車に乗って行ってみました。

 ところが、着いてみると、会場前はすでに長蛇の列。前の人が退場しないと前進できない有様です。その上、ようやく順番が来ても「なるべく、立ち止まらないで!!」という感じで、ろくに作品を鑑賞するまもなく、人混みに押されて「ところてん」のように押し出されていくだけ。名画はたくさんあったはずなのに、今でも憶えているのはモネのパラソルの絵ぐらいなものか。たぶん右向きの絵だったので、バリの美術館から借りたのでしょう。それ以来、イベントのような展覧会に行くのは躊躇するようになりました。

 しかし、考えてみると、山口県立美術館がまだ完成していなかったころの話なので、もしかしたら、建設中で臨時の会場だったからなのかも??


 一の坂川の蛍

 山口市を流れる椹野川周辺には源氏蛍が生息しています。椹野川の支流で市街地を流れる一の坂川の蛍は有名です。

 市街から近く人家もけっこう多い場所に生息地があるので(世話をされている人がいる)、蛍の季節には見物のため訪れる人が多いです。とくに橋の上から見ると、川面を飛び交うゲンジボタルの点滅する軌跡が神秘的でみごとです。「ほーほー、ほーたるこい」と子供らが歌いながら、家族連れで歩いているのを見かけます。

 川風に吹かれて夜の散歩なんて、ちょっと乙で風情がありますが、見頃は5月末から6月上旬なので、今年はもう終わっていますね。

 

youtu.be


 そういえば、麦わらで、蛍かごを作ったね!
 山口のは、ちょっと変わっている。 

 夏でも見られるのかな?

  山口市にはC57蒸気機関車で行ったものでした。

 土産は漆塗りの「大内人形」でしょうか?